TOP > よくある質問 > 施工に関して

  • よくある質問(用途別)
  • EPS/製品全般
  • 販売に関して
  • よくある質問(製品別)
  • ネダフォームRC
  • ネダフォーム木造
  • ユカボイド
  • プラットユカフォーム
  • その他製品

ネダフォーム RC造用

ネダフォーム®使用枚数は・・・

① 1m2あたり2枚
② 畳一帖あたり3枚
③ 1坪(3.3m2)あたり6枚

乾式工法?それとも湿式工法?

モルタルを使う湿式工法です(和室においては乾式パッキン工法もあります 詳しくは下記をご覧下さい)

施工は誰でも出来るの?

断熱製品は、施工の良し悪しで性能が大きく変わります
住まわれる方にご満足いただく為にも、当社指定の施工代理店に材工共でご依頼ください

どのように施工するの?

コンクリートスラブにモルタルダンゴを置き、ネダフォーム®で押しつぶしながらレベルを合わせて(不陸調整)施工します

モルタルダンゴの付けしろは?

10㎜~20㎜を確保します

ネダフォーム®1枚あたりに何個作るの?

ネダフォーム®1枚あたり20~24個作ります

不陸調整で使う砂、セメントの量(目安)は?

施工面積が100m2の場合、不陸調整が10㎜~15㎜で砂1㎥、セメント25kgで15袋が必要です

接着剤は使う?

スラブとモルタルとの間、モルタルとネダフォーム®との間に専用接着剤「ネダタイト®」を使用します(F☆☆☆☆等級、施工職人が持参)

ネダタイト®って何?

エチレン・酢酸ビニールを主成分としたネダフォーム®用接着剤。JIS「F☆☆☆☆」認定の安全品質です

具体的な塗布方法は?

① スラブ面とモルタルの接着(5倍希釈液【プライマー】ネダタイト®:水 1:4)
② ネダフォーム®(和室/LDK)の裏面とモルタルの接着(原液)。9Kg缶なら45m2/90枚 18Kg缶なら90m2/180枚使用可

洋室に際根太は必要?

必要です。ネダフォーム®施工前に大工工事として取り付けをお願いしています

床仕上げ材とネダフォーム®は何で留めるの?

桟木にスクリュー釘で留めると同時に専用接着剤「ネダタイト®F」を併用します

ネダタイト®Fって何?

ネダフォーム®LDKと上張り(捨張合板及びフローリング)の釘留併用接着剤の事。3Kg×6入、約90m2/180枚使用可。F☆☆☆☆です。桟木の上に塗布しないようにご注意下さい

和室の畳寄せはいつ取り付けるの?

ネダフォーム®施工前に大工工事として取り付けをお願いしております

配管はどのように納めるの?

施工床の配管はネダフォーム®の裏をニクロムカッターで切り欠いて納めます

ネダフォーム®施工後すぐに乗れる?

養生が必要です。夏期24時間・冬期48時間は立入禁止にして養生します

和室での最高床高は?最低床高は?(畳55mm仕様の場合)

最高床高約185㎜(畳55㎜・NF和室用120㎜・モルタルダンゴしろ10㎜) 最低床高約100㎜(畳55㎜・NF和室用33㎜・モルタルダンゴ10㎜しろ)

洋室での最高床高は?最低床高は?(ネダフォーム®にFLを直張りの場合)

最高床高約150㎜(FL12㎜・NF LDK303 130㎜・モルタルダンゴ調整しろ10㎜)
最低床高約55㎜(FL12㎜・NF LDK303 33㎜・モルタルダンゴ調整しろ10㎜)

洋室での最高床高は?最低床高は?(重量物を置くためにFL+合板の場合)

最高床高約165㎜(FL12㎜ ・捨張合板12㎜ or 24㎜・NF LDK303 130㎜・モルタルダンゴ調整しろ10㎜)
最低床高約70㎜(FL12㎜・捨張合板12㎜ or 24㎜・NF LDK303 33㎜・モルタルダンゴ調整しろ10㎜)

洋室での最高床高は?最低床高は?(床仕上げがCFシートの場合)

最高床高約160㎜(CF3.5㎜・合板5.5㎜・捨張合板12㎜・NF LDK303 130㎜・モルタルダンゴ調整しろ10㎜)
最低床高約65㎜(CF3.5㎜・合板5.5㎜・捨張合板12㎜・NF LDK303 33㎜・モルタルダンゴ調整しろ10㎜)

洋室での最高床高は?最低床高は?(床仕上げがカーペットの場合)

最高床高約170㎜(カーペット15㎜・捨張合板12㎜・NF LDK303 130㎜・モルタルダンゴ調整しろ10㎜)
最低床高約70㎜(カーペット15㎜・捨張合板12㎜・NF LDK303 33㎜・モルタルダンゴ調整しろ10㎜)

床の仕上げ材に無垢FLは使える?

仕上げ材が無垢FLの場合は季節変化で無垢材が収縮して床鳴りの原因になりやすいので必ず捨張合板12㎜を入れて下さい

ネダフォーム®の空ねりモルタル工法ってどういうの?

「ネダフォーム®和室用」専用の工法です。スラブに砂4~5:セメント1の配合比による空ねりモルタルを敷き、ネダフォーム®を敷き込みます。ネダフォーム®の短辺に目地テープを貼り、畳を敷いて完成。養生不要です

ネダフォーム®のパッキン工法ってどういうの?

「ネダフォーム®和室用」施工時で不陸調整しろが数㎜しか取れない場合、パッキンを重ねてレベル調整を行ないます(養生時間は不要)
厚み3㎜×450㎜×450㎜ 目安はm2/8枚程度

ネダフォーム®のスラブ直貼工法ってどういうの?

一定条件を満たしていれば可能な場合もございます。詳細は弊社営業へお問い合せ下さい

床暖房に対応している?

対応しています。捨張合板が必要です
詳細は“ネダフォーム®施工仕様書”P.10をご参照ください

リフォームにも使える?

使用可能です。次世代基準対応の為、様々な案件でご活用頂いています >> 施工事例

床鳴りしない?(材料が柔らかいので床鳴りしやすいのでは?)

仕上げ材も含めて、正確な諸施工が行われれば床鳴りは致しません。施工上の問題発生を抑える意味からも、当社指定の施工代理店に材工にてご発注下さい

木造住宅の床にネダフォーム®は使えるの?

土間床などのスラブ床には使用可能。
通常の根太間断熱および大引間断熱の場合はネダフォーム®木造用をご使用下さい

工事で余った端材・残材はどうするの?

工事現場より回収して再資源化処理を行います。ネダフォーム®は資源を無駄にしません

グランドピアノを置きたいんだけど・・・

ネダフォーム®の上に合板12㎜又は24㎜は必ず入れて下さい。ネダフォーム®にフローリング直張は、点荷重が掛かりますので推奨しておりません

このページのトップへ